自律神経失調症になりやすい体質と性格は?

突然襲われる原因不明の長引く体調不良は不安になりますよね。病院へ行って検査をしても特に悪いところが見つからず「自律神経失調症でしょう。」と言われることがあります。

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって起こる様々な症状のことを言います。

私たちは、交感神経と副交感神経を意識的に動かしたり、調整することは出来ません。自律神経失調症を発症する原因について考えていきたいと思います。

自律神経失調症になりやすい体質とは

同じような生活を送っていても、自律神経が不安定で、もともと失調症になりやすい体質の人はいます。ではどういう体質の人が発症しやすいのでしょうか?

そこで自律神経失調症になりやすい体質の人を紹介します。

  • スタミナ不足の人
  • 疲れやすく、一度疲れるとなかなか回復しない人
  • 血圧の低い人・冷え性で、夏でも厚着をしている人
  • 体がほてり、大量に汗をかく人
  • 痩せ型で、食べても太らない人
  • 虚弱体質の人
  • 赤ちゃんの時に、よく吐いた人
  • 乗り物酔いをする人

こういった体質の人は、ちょっとしたことがきっかけで、交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまいます。

性格と自律神経失調症の関係

体質だけでなく、性格面でも自律神経失調を発症しやすいタイプがあります。ではどのような人が発症しやすいのでしょうか?

  • 完璧主義者
  • 何事にも頑張り過ぎてしまう
  • 他人の頼みごとは断れない
  • 真面目で責任感が強い
  • 人に合わせ過ぎてしまう
  • 感情を出さず、我慢してしまう
  • すぐにクヨクヨとしてしまう

このように真面目で責任感も強く、他人からみたら「いい人」と呼ばれる人は、自律神経失調症になりやすいかもしれません。

何事もほどほどに、肩の力を抜いていきましょう。

不規則な生活習慣

昼夜逆転の生活を送っていたりすると、しだいに夜に眠れなくなり、朝が起きられなくなってしまいます。朝陽を浴びることで、体内時計は毎日リセットされます。もし夜寝るのが遅かった次の日も朝に起きて、朝陽を浴びるようにしましょう。

また、普段パソコンばかりを使った仕事で、体をほとんど動かさない生活習慣も自律神経のバランスを崩しやすいので、注意しましょう。

ストレスが大きな引き金に

自律神経失調症になりやすい体質や性格があるからといって、全員が発症するかと言えばそうではありません。

自律神経失調症を発症する大きな原因はストレスです。「ストレスは大敵」と言いますが、自律神経とストレスも深いかかわりがあります。

学校を転向したり、引っ越したり、就職、結婚、出産などのライフスタイルの環境が大きく変化したときなどはそれがたとえおめでたいことであっても、心理的ストレスを体は感じているのです。

また、長時間労働や、満員電車での移動も肉体的ストレスになります。ストレスを全く感じない人はいませんが、普段からストレスを溜め込まないように注意しましょう。

自律神経失調症になる原因はなりやすい体質だったり、性格もありますが、一番大きな原因は不規則な生活習慣とストレスです。

なりやすいタイプの人は特に気をつけて生活するようにしましょう。自分の好きなことをする時間を1日15分でも持つようにして予防していきましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ