自律神経失調症になったらすぐに試したい改善する5つのコツ!

自律神経失調症とは、全身の機能を調整している交感神経と副交感神経のバランスが何らかの原因で崩れてしまい、倦怠感や、頭痛、めまい、吐き気、不安感などさまざまな症状が起こることを言います。

また病院で検査をしてもひっかからず、体調のいい時と悪い時を繰り返し、症状は長期に渡るのが特徴です。

そこで今回自律神経失調症を改善する5つコツをご紹介します。

改善のコツ1:朝起きて一番に太陽の光を浴びる

「最近夜寝つきが悪いな」とか、「イライラする」などの不調がある場合、朝の太陽の光を5分間浴びることで、体内時計がリセットされます。

太陽の光を浴びることによって、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されます。うつの予防になったり、セロトニンが自律神経に働きかけます。

改善のコツ2:有酸素運動が効果的!

自律神経失調症には、有酸素運動がもっとも効果的です。朝のウォーキングはとくにおすすめです。

深く深呼吸することがポイントで、30分以上続けるようにしましょう。他にも、ランニングや、水泳、ヨガなども効果的です。

改善のコツ3:入浴は必ず湯船に浸かる

夏などは暑いからといってシャワーで済ませてしまっていませんか?

できるだけ湯船に浸かることで、汗をかくことで、体の体温調節機能を高めたり、深い眠りにつくことができます。

湯船温度は40度以下のぬるめのお湯に30分程度浸かるようにしましょう。また、冷水と温水を交互に体にかけることによって、自律神経が鍛えられます。

改善のコツ4:感情を思いっきり出してみる

仕事場や学校などで、自分の感情を抑えて生活することが少なくないですよね。

どこでもかしこでも感情的ではいけませんが、例えば、休みの日に映画を借りてきて、思いっきり号泣してみたり、感情を動かすことをしてみましょう。

感情を出すことによって、自律神経が調整されます。

改善のコツ5:ストレスと上手につきあう

ストレスがない人はいないと思います。しかしストレスを抱えていても体調に変化のない人もいますよね。それは上手くストレスと向き合い、付き合っているからなのです。

日々の生活で自分の好きなことをする時間を持ったり、スポーツなどで汗を流したり、美味しいものを思いっきり食べてみるのもいいでしょう。

自分の好きな時間やご褒美を設けることで、ストレス発散に繋がります。ぜひ、試してみましょう。

最後に

さて、自律神経失調症を改善する5つのコツはいかがでしたか?

とてもシンプルで、誰にでも始められることだと思います。ストレスと上手く付き合って、体の不調を改善していきたいですね。

自律神経を整えることで、ホルモンの調子も整うため、美容効果も期待できます。美しく健やかに毎日を過ごしていきましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ