投薬だけではない!自律神経失調症の様々な治療法は?

自律神経失調症と診断された場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか。

一般的には投薬を受けることになりますが、それだけでは一時的な解決にしかならない場合もあり、様々な治療が行われています。

まずは投薬で症状をやわらげる

内科や心療内科などでは、まず投薬が行われます。自律神経の調子を整える薬や、場合によっては軽い精神安定剤が処方されることが多いです。

症状によっては胃腸薬や睡眠薬などで、生活上のつらさをまず和らげていくこともあります。また、更年期のホルモンの乱れが原因になっている場合は、ホルモン剤などが使われることもあります。

漢方薬の処方

漢方薬の場合、効き目が穏やかなため、自律神経失調症の治療には有効です。不安を抑える黄連、神経の緊張をとる芍薬、イライラに利く抑肝散などが体質と症状に応じて処方されます。

ただ、このような漢方薬にくわしい医師でなければ、病院で処方されることはありません。

カウンセリング

自律神経失調症の大きな原因となるのがストレスです。これを薬だけで治すことはできないため、症状がなかなか治まらない場合はカウンセリングによって精神的な問題を整理して、治療に結びつけることが必要となるケースもあります。

カウンセラーや医師に、話を聞いてもらい、ストレスの原因となっているものに対処できる力が出てくれば、自律神経の調子がよくなってくることが期待できます。

自律訓練法

自律神経は普段自分の意思では操作できないものですが、これを訓練することで可能にしようとするものです。「片手が温かい」ということを思い浮かべて、実際に温かくなる…いったことから始めて、徐々に自律神経が暴走しないように訓練をしていくものです。

これについては、きちんとした指導者のもとで行うことが不可欠であり、このような訓練を受けたい場合は事前にこれを行う体制があるかどうか、医療機関に確認する必要があります。

このほか、自律神経が不調になってしまう原因として、睡眠不足や昼夜逆転、不規則な食生活などが隠れていることがあります。ビタミンBやビタミンCの不足も自律神経のためにはよくありません。

このようなことを改善するために、医療機関では生活指導を行うことがあります。生活のリズムを整え、きちんと休息と栄養をとることで、心身の安定を図ることが治療のために必要と言えます。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ