子供が幼稚園でいじめに合って!睡眠不足から自律神経失調症に 女性 45歳 Y.H.さん

子どもが幼稚園のときにいじめにあいました。私は最初全く気付いてやれず、同じクラスの女の子から◯◯ちゃんいつもいじめられてるよと聞いて初めて知りました。

嘘を言うような女の子ではなかったですが、とりあえず本当かどうか確認してみました。ですが子に聞いても何もないとしか言いません。

子どもの幼稚園内でのいじめ

幼稚園のイベントに積極的に参加したり園外から観察したりしたところ、ずっとではないのですが、確かに多数の子たちに囲まれていじめを受けていました。子どももそれなりに知恵が働くので、先生の見えないところでやっていて、担任は気づいておらずあてになりません。

引っ越したてで、深い悩みを相談できる知り合いもいませんでした。夫は当時激務でしたので、心配かけたくなくて黙ってました。他の人(実家など)にも相談できず、かといってなかなかやめさせることもできないままでした。

心身ともにきつくなり体調不良に

とにかくいじめをする機会をなくそうと思い、幼稚園にイベントがなくてもお手伝いが必要な時は参加したり、好きになれない相手でも降園後に、目の届きやすい自宅に招いて遊ばせる日々でした。一部の人から陰で過保護呼ばわりもされ、何よりも助け切れないことに気持ちが参ってきました。

気がついたら睡眠時間が減っていました。入眠は疲れてるせいかすぐなのですが、真夜中目がさめると眠れなくなってしまうのです。

夫も眠った後のことなので、私が夜中起きてしまってることには気づけません。昼間休もうと思っても、幼稚園に入り浸りなので、時間があまりないですし、横になっても眠くならないんです。

そのうち、立ちくらみや眩暈がするようになってきました。洗濯物を干すのに1時間くらいかかることもあり、このままじゃ倒れてしまうと思って内科を受診しました。睡眠さえ取れれば、睡眠薬をもらえればどうにかなるとおもったんです。

病院のアドバイス

病院でまず問診票をかき、看護師さんに血圧などを測ってもらいながら少し話をしたのですが、その人は「夜眠れないならお昼寝したらいいんじゃないですか?」と軽々と言いました。

睡眠不足などの疲れから怒りっぽくなってたので、イラっとしてしまい「それができないからここへ来たんです!」ときつく言い返してしまいました。

医師は話を聞いて「ストレスが心身ともにたまっていて、自律神経失調症になって睡眠障害がでているようです。眩暈や立ちくらみも睡眠が取れれば治る可能性が高いので、今回は睡眠薬を出します。病状が改善しなければまたきてください。がんばりすぎているようだから、家事などで手を抜ける部分は抜いて、横になるように。眠れなくても、疲れをとる効果はあります。この先は精神科の分野ですから、希望されるなら紹介します。でもいじめ問題は年度替りで友達が変わり、解決することもあります。担任が頼りにならないなら、主任や園長に直接話してはどうですか。ご主人も大変な時期だからこそ、倒れないように力を抜けることは抜いてください。」とアドバイスまでくれました。

いじめの対応と病状の変化

ご飯の支度と洗濯はするしかないですが、私は家が散らかってるのが嫌いでわりとマメに掃除するのです。でも掃除を手抜きにして休む時間を増やしました。

睡眠薬ははじめて飲んだせいか、よく効いてくれて、夜中に目が醒めることもなくなっていきました。睡眠不足解消とともに眩暈、立ちくらみも治り始めました。

そうなると萎えていた気力も、もどりはじめてきました。どうせ過保護だと思われているし、子供はともかく私自身は嫌われたって構わない、と半ば開き直って園長に話をしにいきました。

他の保護者からもいじめのクレームが何度かあったらしく、担任といじめをしている子の保護者に注意が入りました。

担任は頼り甲斐がないままでしたし、注意された保護者の中には、信じようとしない人もいました。でも我が子を見直そうしてくれた人、同情していてくれた人がいたことがわかって気持ちが上向き、病状はますます良くなりました。

辛かったこと

病状そのものはほんとにきつかったです。

ですが、それ以上に苦しんでいる子をちゃんと助けてやれないこと、自己保身もあって行動を起こしきれなかったことへの子への申し訳なさ、何よりもいじめられてるのに、隠そうとする子どもの気持ちや態度が苦しかったです。

自律神経失調症は精神的な部分とつながっているようですが体調不良と同じくらい精神もきついです。吐き出したり相談する相手がいれば、わたしに相談する勇気があれば病気にならなかったかもしれません。

一人で抱え込むのは心身ともに良くないと実感しました。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ