仕事のストレスと激務で自律神経失調症に!無理のし過ぎは禁物 女性 34歳 T.C.さん

2年前、心療内科で自律神経失調症と診断されました。

身体が重く、喉になにか詰まっているような違和感など、いろいろな症状が出てしまい、社会生活を送れないような状態になってしまいました。

体が重い?!原因不明の辛さに苦しむ毎日

新しい仕事をはじめて一か月ぐらい経ってから、朝起きるとしっかり寝たはずなのに、体が鉛のように重くなり苦しいんです。

喉の渇きなどもあり、朝はキッチンに這うように行っては、コップにいっぱいの水を入れて飲んでいるような生活でした。仕事をしていたので、それでもなんとか仕事に行ってこなすような毎日を送っていました。

自律神経失調症になった原因は仕事の激務だと思います。

上司のパワハラなどもあって、本当に毎日行くのが苦痛でした。新しいことを覚えないといけないプレッシャーなどもあり、それで体がおかしくなったんだと思います。

病院で自律神経失調症と診断!苦しめられていた原因が明らかに

どうしても苦しいので内科に行ったのですが、原因はないと言われてしまい、心療内科をすすめられたのですぐに行きました。結果、自律神経失調症と診断されました。

緊張を和らげるデパスという薬を処方してもらいました。肩こりの人にも処方されるような軽い薬だと説明を受けました。それを毎日飲むようにしていました。

飲むとふらりとしたような感覚になり、心がふと楽になるようになりました。仕事中も緊張がひどかったのですが、それが緩和されました。朝に飲んで、お昼頃には効き目が切れるようなかんじでした。

仕事をやめて治療に専念!

薬でかなり症状は改善されたのですが、やはり自律神経失調症になったきっかけは仕事にあったので元から解決しないといけないと思い思い切って仕事をやめました。

それからは実家で療養しました。規則正しい生活をしながら、一日一回は必ず外に出るようにしたりなどして工夫しながら生活しました。散歩は自律神経失調症にいいと聞いたので朝の散歩はかかさずしました。

そしてしっかりとした食生活も心がけました。だんだん症状が無くなってきて、今では薬は飲んでいません。

やはり、人間無理しすぎたりするのはよくないのだなと思いました。薬と生活改善がよかったのだと思います。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ