上沼恵美子が自律神経失調症!?原因と克服方法とは?

上沼恵美子さんと言えば関西を代表する大御所タレントで、彼女が司会をするテレビ番組はたくさんあります。

関西のオバチャンそのものといったイメージで、歯に衣を着せない物の言い方と毒舌が見ていて爽快です。

そんな上沼恵美子さんが、2013年に自律神経失調症で通院していることテレビでお話しされました。

彼女のたくましいイメージとはかけ離れた病気に、どうしてそうなったのかと驚いたものです。

夫との不仲が原因?自律神経失調症のワケ

上沼恵美子さんが自律神経失調症になったのは、旦那さんとの不仲が原因であると言われています。

上沼さん自身が原因は主人だと発表したわけではありませんが、テレビ番組などでもたびたび旦那さんへの不満をもらされています。旦那さんは亭主関白な人で、家事は全て恵美子さんが一人でこなし、自分の靴下すら用意しない人だそうです。

そんな旦那さんが2011年に定年退職されました。旦那さんが定年退職しずっと自宅にいるようになると、恵美子さんは人気タレントで忙しいスケジュールをこなしながら、家でも旦那さんのお世話に忙しく心を休める時間がなくなっていたのではないでしょうか。

夫が定年になって自宅にずっといると、今まで家の昼間の時間帯が憩いの場であった主婦にとって生活は激変します。旦那の昼ごはんを作らないといけないストレスは、「昼食うつ病」と言われるぐらい深刻なストレスになることもあるのです。

子供が巣立ってストレスに?空の巣症候群の可能性も

上沼恵美子さんには、二人の息子さんがいてます。二人とももう30代になるそうなので、子育てももう卒業です。子供の手が離れて巣立っていくと、子育てが生きがいだった母親はむなしさを感じうつ病を発症することがあります。

特に夫婦間の仲が上手くいっていない場合には、子供が夫婦の間の絆となっていることが多いので、子供が巣立つと家の中にいても孤独感を感じてしまいがちです。

恵美子さんは、人気タレントで仕事も忙しいので、それほど子供に依存していたかどうかはわかりませんが、子供の巣立ちが自律神経失調症に関与しているケースは少なくはありません。

どのように回復していったの?自律神経失調症の克服方法

恵美子さんはテレビ番組で言っていた通り、自律神経失調症のために病院へ通院して治療しておられました。どのような治療をされていたかは公表されていませんが、きちんと診察を受け治療を続けていたことが病気克服への一歩だったのではないでしょうか。

病院での治療は、薬物治療と心理的な治療との同時進行が一般的です。薬の服用で症状を安定させ、カウンセリングなどを行っていったのでしょう。

定年退職した旦那さんとの距離間も上手くつかめるようになったのかもしれません。治療中もずっと仕事を続けておられましたが、閉じこもらずに外へ出て仕事を続けているのも回復のために良かったのではないでしょうか。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ