大場久美子さんが自律神経失調症に!?原因と克服方法とは?

有名人の中には、自律神経失調症の病気になられた方が多数おられます。

メディアという特殊な仕事をし、不規則な日々を過ごすことが多く、始終世間の目にさらされていることによるストレスやプレッシャーが多いことが原因の一つかもしれません。

大場久美子さんも、そんな自律神経失調症になられた芸能人の一人です。

彼女は、この病気をどのようにして乗りこえてこられたのでしょうか。

かつてのトップアイドル!大場久美子さんの活躍とは?

今40代、50代の方なら誰もが、かつて大場久美子さんがトップアイドルだった頃のことをご存じでしょう。彼女が一躍有名になったのは、1978年に放送されたテレビ番組「コメットさん」がきっかけです。

コメットさんでブレイクした2年後には、大場久美子さんんは歌手をやめて女優へと転向していきます。女優としては、サスペンスドラマに数々出演されています。彼女の私生活は、波瀾万丈の人生だったようです。

1987年に実家が家事で全焼、1990年にはサイドビジネスのレストランが経営悪化で閉店し、1992年には所属事務所が倒産しています。そしてついに、レストランの負債金を返済できずに、1994年に自己破産をしてしまうのです。

1999年には最愛の母が死去。2000年に結婚するも5年後には離婚されています。彼女のプライベートは不幸が続き、順風満帆な人生とは言えなかったのかもしれません。

自律神経失調症を発症!そのきっかけとは?

大場久美子さんの体調に変化が生じ始めたのは、1999年の母の死がきっかけでした。最愛の母の葬儀の翌日、彼女は悲しみと喪失感からパニック発作を発症して胸がドキドキと息苦しくなりだしました。

動悸から始まった症状は徐々に悪化していき、乗り物やエレベーター、映画館などの閉ざされた空間が怖くなる閉所恐怖症も併発します。一度パニック発作をおこしてしまうと、また発作がおきたらどうしようと不安になりさらに症状は悪化していくことになります。

パニック障害が悪化すると、外出するのが怖くなり家に閉じこもりがちになり、精神的なストレスから自律神経のバランスが崩れて自律神経失調症を発症してしまうのです。

どうやって改善していったの?自律神経失調症の克服方法!

大場久美子さんは不安な気持ちを気持ちを安心させるために、発作がおきたときの対処方法を記したメモや緊急連絡先のカードを常に持っておくようにしました。

そのメモやカードが、彼女にとって心を安心させるアイテムになりました。持っていれば安心できるアイテムを徐々に増やしていくことで、心配事が減っていき、徐々に前向きに行動できるようになることができたのです。

彼女がおこなった安心アイテムを増やしていくという行為は、認知行動療法という心理療法に当たります。認知行動療法とは、考え方を修正していく療法で、考え方を変えることにより気分や行動を変化させていくのです。

自律神経失調症やパニック障害の症状は8年ほど続いたそうですが、安心アイテムを増やして前向きに行動していくことで症状は徐々に緩和され克服していきました。

2009年には自信の経験に基づき、心理カウンセラーの資格を取得されたそうです。

まとめ

大場久美子さんは、トップアイドルとして絶大な人気を博していた一方、プライベートでは波瀾万丈な経験をされてきた方なのです。

最愛の母の死をきっかけに自律神経失調症を発症されましたが8年ほどかけて克服し、自らの経験をきっかけにして心理カウンセラーの資格を取られています。

そして、2011年には10歳年下の方と再婚されているそうです。辛い経験をバネにして、見事に克服し、前を向いて歩まれていらっしゃるのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ