自律神経失調症で疲れやすい?まずは筋肉をほぐす事が大事です

自律神経失調症の代表的な症状として疲れやすいという事があります。睡眠をとっても疲れが取れず、身体が重たく感じるとか常に倦怠感があってだるかったりすぐに疲れやすかったりする傾向があります。

この疲れや怠さは病気とはいえ非常に辛いものです。出来る事ならその原因を掴み改善させたいと考えますよね。

自律神経失調症が原因の場合はその働きのバランスの崩れにより筋肉の疲労蓄積が原因となっています。この解消の為には筋肉の緊張をほぐす事がまずは大事です。

疲れやすいとは?精神的なものと肉体的なものが存在します

身体が疲れやすいという症状は非常によく聞く話ですが、意外と原因の特定が難しいケースが多くあります。大きくは精神的なものが原因の場合と肉体的なものが原因の場合に分けられます。

精神的な疲労とは?

この特定も非常に難しいのですが、主な原因がストレスであったり、睡眠不足などであったり特に肉体的疲労が考えられないのに疲れやすくなったり、疲れが取れなくなる症状を指します。多くは自律神経の働きに起因してこのような症状が出ます。

肉体的な疲労とは?

運動を行った後の疲れは疲労というより適度な疲れや爽快感と感じると思います。

しかし立ち仕事であったり、長時間働いたり、パソコン業務が続いているような場合など主に仕事に関係した肉体的な疲労だと、これらは倦怠感を伴い疲れたと感じやすくなります。これらに伴って筋肉が硬くなる事から疲れが取れにくい身体となっていきます。

自律神経失調症からくる症状は?判断は難しいです

この疲れが自律神経失調症からなっているのかどうかを判断することは非常に難しいのですが、1つの目安として次のような場合は自律神経からくる疲れである場合が考えられます。

例えばどんな症状ですか?

例えばこんなような症状が見られる場合は、自律神経が原因の疲れとなります。体を酷使していないはずなのに疲れた感じがする、そしてしっかり睡眠を取ったつもりでも疲れがとれない。いつも肩凝りや首にコリを感じ体が重たく感じる。背中の筋肉が固かったり、足がパンパンに張っている。

また、頭がボーッとしていたり、頭痛、耳鳴りを感じたりする事が多く全身や関節にだるさや熱っぽさを感じることがある。酷くなってくると体に力すら入らなくなってくる。さらには布団から起き上がれないほどの疲労感が出てくることもあります。

この疲れの原因は何なのですか?ストレスが原因です

この疲れを感じる原因は、実は自律神経の働きによるものなのです。そしてなぜ自律神経により疲れを感じるようになるのかというとそれはストレスによる影響なのです。

ストレスと自律神経の関係は?

それではなぜストレスが自律神経に関係があるのかというと、まず自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経が存在します。それぞれの働きは日中の活動をメインとした働きは交感神経、休息をメインとした働きは副交感神経が司っています。

その2つの神経は同時に働く事は無くどちらかがメインで働いてシーソーのようにバランスを取りながら生活が出来ていれば健康を保つができます。

ストレスが多くなると?

ストレスに直面するとどうなるかというと交感神経の働きが増すようになり常に身体が緊張状態にいるようになってしまいます。その為、副交感神経が働く時間が少なくなり、結果として休息やリラックスしている時間が少なくなり自律神経のバランスを崩して行く事になります。

そして交感神経が常に働いている時間が長くなる事でつかれを回復させる時間が少なくなっていきます。この積み重ねが毎日となると疲れが取れなくなり、疲れやすい身体になっていってしまいます。

疲れやすい身体の改善方法は?筋肉をほぐす事です

ストレスにより交感神経ばかり働いている状況にある身体は筋肉がこわばり疲れやすい身体になってしまうのですが、それを改善する方法は無いのでしょうか?筋肉のこわばりを改善するために重要な事は副交感神経を働かせる事を意識的に行なって行く必要があります。その為まず重要な事は筋肉をほぐす行為が必要となってきます。

筋肉をほぐすには?

症状が酷い場合にはマッサージなどの施術を受ける必要もありますが、簡単な方法としては入浴を行いながらリラックスムードを作り自分でその箇所をさするようにほぐしてあげる事で改善は見られます。

筋肉がほぐれると?

そして筋肉がほぐれてくると血液の巡りや流れが良くなるので筋肉に溜まっている疲労物質や老廃物が体外へ排出されるように促されます。更に元気のもとである栄養補給も行われるので疲労回復が進んでいきます。

自律神経失調症の改善方法は?生活習慣の改善が大事です

自律神経失調症が原因で疲れやすい身体となってしまった場合は、そもそもの原因である自律神経失調症の根本改善も必要な事となります。

具体的な改善方法は?

  • 無理の無い適度な有酸素運動をする
  • リラックスする為に終始1時間位前にややぬるめの湯船に浸かる
  • 自分なりのストレス発散方法を持ち、その日のストレスはその日のうちに発散する
  • 就寝1時間前には消灯しリラックスした状態で睡眠をとる
  • 毎朝同じ時間に起床し、起きたら朝日を浴びるようにする

治らない時は専門機関で診察を!

生活習慣を改善しても一向に疲れやすい身体が治らない場合には、それだけでは治らないほど自律神経失調症が悪化しているか他の病気である場合もあります。その場合には1日も早く専門の医療機関で診察をしてもらう事が必要となります。

まとめ

特に肉体的に疲れるような事をしていなくても疲れやすいと感じるようならば、その原因は自律神経失調症を患っている可能性が考えられます。自律神経失調症が原因なのかどうかは中々分かりにくいのですが、その病状をおさめるためには自律神経の働きを正常に戻すことが大事です。

その為にはその準備として凝り固まった筋肉をほぐしてあげる事、そして生活習慣を規則正しくして行くことが大事です。ただしその他の病気が原因で疲れを感じている場合もあるのでできるだけ重症化しないうちに専門の医療機関で診察を受けるようにして下さい。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ