自律神経失調症予防の規則正しい生活は?起床と食事です

自律神経失調症は自律神経のバランスを崩す事から発症するのですが、その原因は生活習慣の乱れである事が非常に多いのです。

生活習慣の乱れと言っても中々ピンとこないのですが、人間は本来活動と休息をバランスよくとる事で生命を維持していく為にどちらか一方に偏る事なく身体の働きを一定に保とうとして頑張るのが自律神経の働きです。

これによって体調が保たれている間はいいのですが、限度を超えると自律神経のバランスが崩れ自律神経失調症となってしまいます。こうならない為にも大事な事は規則正しい生活を心がける事なのです。

なぜ規則正しい生活が必要なのか?予防のためです

規則正しい生活は自律神経失調症を予防する為、もしなってしまったら改善する為に必要な事です。もちろんその他の病気などの予防にもとても大事なことなのです。

予防しないとどうなるの?

予防をしないでいるといずれ自律神経のバランスを崩します。それはなぜかと言うと自律神経の働きが生命に関わる体の全ての器官をコントロールする神経だからなのです。その自律神経の働きに対して影響を及ぼすのが生活習慣で、この生活習慣が乱れると自律神経のバランスを崩すこととなり自律神経失調症を発症することに繋がっていきます。

生活の乱れと自律神経の関係は?

自律神経とは日中の活動の働きを司る交感神経と夜間の休息を司る副交換神経から成り立っていて簡単に言えば起きている時は交感神経、寝ている時は副交感神経が働いています。

しかし、その自律神経は自分でコントロールする事は出来なく人間の意思とは関係の無いところで働いています。自律神経は大きくは外部要因に対して反応するように出来ています。
よって生活習慣が乱れて睡眠時間が減少すると交感神経の働く時間が長くなりすぎ、身体を休めるための副交感神経が働かなくなりバランスを崩して行く事になります。

規則正しく無い生活とは?日々無意識に行われています

自律神経失調症を発症させる恐れのある規則正しく無い生活とはどのようなことなのかというと、現代の人は実は無意識に行なっている事が殆どです。

普段の生活そのものです!

例えば夜更かし、朝寝坊に始まり暴飲暴食、過食、少食、短時間睡眠、寝すぎなど普段何気なく行なっているものがそのまま該当します。要は通常の生活を送っているだけでも基本は不規則な生活習慣と背中合わせとなっているのです。

なぜ不規則になるの?

それではなぜ不規則な生活となってしまうのでしょうか?それは自分の生活を振り返ってみれば理解できるはずですが、日々全く同じ事を規則正しく行なっている人はいないからです。

1日の仕事内容も違えば活動範囲も違います。よって疲れも違えばそれを回復させる為に必要な食事量や睡眠時間も必然的に違ってくるのです。

規則正しい生活とは?基本は起床と食事です

自律神経失調症を発症しない為には規則正しい生活が必要なのですが、その規則正しい生活とは具体的にはどのような事なのでしょうか?

規則正しい生活のポイントは?

規則正しく生活するというと毎日同じことを規則正しく続けていればいいように感じ、毎日同じ遅い時間まで起きているのだから規則正しいのかというとそれはちょっと違います。大事な事は人間は日中活動する生物として身体が出来ていますのでそれに基づいた規則正しい生活習慣が大事となります。

規則正し生活習慣の考え方は次の通りです。

  • 毎朝同じ時間に起床して、朝日を浴びる事
  • 朝食を必ずしっかりととる事
  • 仕事の時間や家事を行う時間はゆとりを持って確保する事
  • 適度な運動を行う事
  • 昼食や夕食の時間は日々なるべくずらす事なくとる事
  • 毎日同じ時間に就寝出来るようにする事

そしてその基本となる考えは大きくは2つで起床と食事に対する考え方を整理して行く事が大事な事はとなります。言葉で見ると毎日やっている事なので簡単そうに感じますが、規則正しくこれらを行うという事は思ったより難しい事なのでポイントを記載します。

起床に対するポイントは?毎日同じ時間に起きる事です

起床に対する一番重要なポイントは毎日決まった同じ時間に起きる事で、なぜ毎日同じ時間なのかというと規則正しい生活の最大のポイントは体内時計の時間を狂わせない事が重要だからなのです。

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる、これが出来るようになると規則正しい生活の前提に近づきます。

サーカディアンリズム?

体内時計を狂わせないという考え方には、人間の身体に備わっているサーカディアンリズムというほぼ24時間の中で活動と休息を取ろうとする身体の働きを狂わせないという事なのです。

毎日同じ時間に起床が出来るようになれば就寝時間は多少ずれても人間のサーカディアンリズムは調整機能が付いていますのである程度はコントロールしてくれます。

お勧めは朝日に当たること!

毎朝同じ時間に起床出来るようになったらもう1つ心掛けた方がいい事としては目覚めとともに太陽光に当たることです。これこそがサーカディアンリズムと実際の時間のズレを調整することに単純で簡単なのですが最大の効果を発揮しますので意識するようにして下さい。

次に大事な基本は?一日三食の食事です

これは1日三食とるという事が絶対という訳では無く、食べたり、食べなかったりという事をしてはダメで規則正しく生命維持に必要な栄養をキチンと取って行く事が大事だという事です。そして必要以上のカロリーを取りすぎないように注意する事が重要なのです。

食事で大事な事は?

食事に関しては1日3食をとるという事以上に大事な事が朝食をとるという事を習慣にする事です。人は寝ている間は、基本は食事をしていませんので栄養の補給が出来ていません。そして朝食を抜くと次回の栄養補給まで長いと12時間~15時間以上も絶食状態が続くという事になるのです。

要は朝食を食べないという事は長時間に渡って脳や身体の活動に対する栄養補給をしない状態でいるという事になるのです。

長時間栄養補給をしないと?

長時間に渡って栄養補給をしないと身体がどういう状態になるかというとある種の飢餓状態となっていきます。そうなると次回食事をした時に身体はまた長時間栄養補給が無いかも知れないと考え必要以上のカロリーや栄養補給を行うようになります。そして活動の為のカロリー消費を抑えるようになっていってしまいます。

これは本人の意識でなる訳では無く人間の身体の本能として自律神経がそのように働く事になる為、防ぐことは出来ないのです。

まとめ

自律神経失調症と規則正しい生活はとても密接な関係にあり、自律神経失調症を発症する殆どの人は生活習慣が乱れていてとても規則正しいとは言えません。また、自律神経失調症になると自律神経のバランスが崩れる為、結果的に生活習慣も崩れて行き悪化する傾向にあります。

規則正しい生活のポイントは起床と食事になりますので、この2つをとにかく意識して生活習慣を改善して行く事が自律神経失調症の予防にも改善にもとても重要な事となります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ