自律神経失調症の自覚症状が出たら?早めの治療が重要です

自律神経失調症は色々な症状が身体や心に出る病気なのですが、実際は非常にわかりにくい病気でもあります。日々の生活では自律神経失調症を誘発したり、悪化させるストレスは日々我々を取り巻いています。

これ以上自律神経失調症を悪化させない為にも少しでも早く気づいて正しい治療を受ける事が非常に大事です。そして自律神経失調症になったかも知れない、悪化するかも知れないと気付く為にも自覚症状を知っておく事が大事です。

自覚症状はどんな時に起こりやすい?生活の乱れや過度のストレスがある時です

自律神経失調症になりやすい状況としては、生活習慣が乱れていて生活リズムが一定では無いような時や仕事場や家庭環境などで過度のストレスを感じている時などは注意が必要です。

生活習慣の乱れでなぜ起こるの?

自律神経失調症の症状は生活習慣が乱れるとなぜ起こるのかと言うと、自律神経失調症の原因が自律神経のバランスの乱れからなるからです。

そしてその自律神経のバランスは、活動をメインとしている交感神経と休息をメインとしている副交感神経から成り立っているのですが、生活習慣が乱れるとそのバランスが崩れる為に起こります。

バランスが崩れるのはなぜ?

自律神経の働きは、体外からの精神的なものや気温などの環境変化などの刺激から体内の状態を一定に保とうとして交感神経と副交感神経が体内の機能を働かせたり休ませたりをコントロールしています。これが過度のストレスなどで働きが片方の神経の働きに偏る事でバランスを崩していきます。

どんな自覚症状が起こるのですか?身体の病気ととても似ています

自律神経失調症の症状は、実は体調不良の症状ととてもよく似ています。中でも肩こりや冷え性、眠れないとか疲れやすい、疲れが取れにくいなど普段の生活の中でも普通に見られる症状なので中々見抜く事が難しいのです。

自律神経失調症を疑う症状?

そのように分かりにくい症状なのですが、次のような自覚症状があったら自律神経失調症の可能性があるので注意が必要です。人によっては1つだけで無く複合して出たり、症状が出たり出なかったりを繰り返したりします。

  • 時々動悸がありそれが長く続く
  • 口の中が乾く感じがする
  • 何もしていないのに急に汗がでたり、手が震えたりする
  • 食事をしているとき食べ物を飲み込むと、喉に何かつかえる様な感じがする
  • しょっちゅう腹痛になったり、お腹が張ったり、げっぷがでる
  • 身体が気だるく、疲れやすい感じがする
  • 時々呼吸が苦しくなることがある

更に注意が必要なのは?

そして色々な自覚症状が出ていて更に次のような傾向がある人は気をつける必要があります。自覚症状として出ているその症状が、かなり前から続いているのだが、なかなか良くならない。かといって特に悪化しているわけでも無い。そして良くなったり、悪くなったりするような場合。

調子や具合が悪くなると、仕事に影響がでたり、家庭の中でうまくいかないことが起きてしまう場合。特定の時期になると症状がでたり、いつも同じ様な状況の時に症状が出やすい、これらの症状が一つだけでなく、いくつもある場合などです。?

こんな症状は注意です!理由も無いのにイライラする

自律神経のバランスが崩れて自律神経失調症になると神経が過敏になる傾向があり、今までだったら気にもならないような事でもカッとなったりイライラしたりするようになります。

更にめまいや不眠、息切れ?

これがイライラする原因もよくわからず、また回数が多くなるようだと自律神経失調症だと自覚をした方がいい状況となります。さらにそこに自律神経失調症特有のめまいや不眠、息切れなどの症状が重なるようだと自律神経失調症の可能性大となるので注意が必要です。

自律神経失調症の自覚症状が出たら?早めの検査が必要です

自律神経失調症の自覚症状を感じたら早目に診察を受ける事が大事です。自律神経失調症の症状は他の病気と似たような症状が多いので専門の病院できちんとした検査と診断が必要です。

診察の結果、別な病気が発見!

自律神経失調症の自覚症状が出たので診察に行った場合、その症状がその身体の部位に病状として発見される場合もあります。その場合は自律神経失調症では無く別な病気として診断される事になります。

自律神経失調症となるは?

そして検査した結果、次の3つにはてはまるような場合には自律神経失調症として一般的に診断される事になります。

  • 身体にだるい疲れが取れないなどの症状があるけれど検査しても原因がわからない
  • 身体の組織や細胞などが壊れていなく、精神的な障害も無い
  • 自律神経の働きに異常が見つかった

怖い事はなんですか?自覚症状に気づかない事です

自律神経失調症の自覚症状が感じられる間は、まだ自分でコントロールして発症を免れたり、悪化を抑制したりすることもできますが、怖いのは症状が出ていても気づく事なく過ごしてしまう事です。

気づかないでいると?

日々のストレスを受けないで生活する事は難しい世の中となっており、そのストレスを上手に解消出来ている人はいいのですが、大概がストレスを溜め込んでしまい知らず知らずに自律神経のバランスに影響受けてしまいます。

その時の症状が頭痛だったり、疲れだったりで、まさか自分が自律神経失調症になりかけていると通常は中々考えられないのです。しかしそのまま掘っておくと確実に自律神経失調症になってしまう為、早めの治療が重要となってきます。

まとめ

自律神経失調症という病気は自覚症状としては頭痛や動悸、身体がだるいなど分かりやすい症状が出るのですが、それが本当に体調のせいなのか、自律神経失調症によるものなのかは非常に分かりにくい病気です。

しかし自律神経失調症になるような環境、例えば仕事場でのストレスがあり、その症状が長期に渡って続いたり、治ったり、またなったりするようであれば自律神経失調症を疑うべきで悪化する前に専門医での診断がお勧めです。

この病気は悪化すると社会生活にも影響を及ぼす為、早目の治療開始が早期完治に繋がりますのでくれぐれも放っておくことの無いようなにして下さい。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ