自律神経失調症予防のストレス解消法は?睡眠がポイントです

自律神経失調症になる人の特徴はストレスを感じやすい人やストレスを溜め込んでしまいうまく発散出来ない人などです。但しストレスは全て悪い訳では無く適度な緊張感を持つ事で上手く行く事も多くありストレスとは上手に付き合う事が大事なのです。

とは言ってもストレスと上手く付き合う事が出来なく溜め込んでしまう人がいるのも事実です。そのような場合はストレスの解消法を理解し実践して行く事が重要です。自律神経失調症にならない為にも、もしなってもこれ以上悪化させない為にもストレス解消法を覚えておきましょう。

ストレスに強くなるのは?上手に付き合う事が大事です

ストレス解消法を実践する前に、まずはストレスと上手く付き合うコツも覚えておくべきで日々会社生活をしていれば否応無くストレスと対峙する事になるはずです。

ストレスと上手く付き合う為には?

ストレスから自律神経失調症を発症する人の傾向に全ての事を完璧にやらないと気が済まないというタイプが多く、自分自身は完璧であると思い込んでいます。この思いが強ければ強いほど何かミスをした時の挫折感が大きく精神的ショックが大きくなります。

また、他の人に対しても同様に完璧を求める為、コミュニケーションに問題が出て、それがストレスになってしまいます。

完璧主義をやめるのは?

完璧主義から脱却する為には、まずは自分自身が完璧主義である事を理解した上で考え方を80%主義や出来なくて当たり前、完璧主義を捨てるという考え方が大事です。

失敗に対しては?悲観的に考えず人生にプラスと捉える

長い人生において人は必ず失敗や挫折と向かい合います。しかしながらその捉え方は人によってバラバラでストレスに弱い人ほど悲観的に捉えてしまいます。

失敗をどう捉えるといいですか?

このような時にもストレスと上手くつきあっていく為には悲観的に考えるのでは無く、失敗は成功の素、この不幸な出来事は今後の人生のプラスになると前向きに考える癖をつけ、そして人生の中での出来事は全てがいいことばかりでは無くスパイスもあるから楽しいのだと思えば少しは気が楽になるはずです。

失敗を引きずっていると?

ストレスと上手く付き合えない人の特徴として過去の失敗などを忘れることなくずっと引きずっている人もいます。結局は失敗を前向きに捉える事が出来ず、何年にも渡って悩み続ける状態となってしまいます。

これこそ自律神経失調症になってしまう典型的なパターンなので意識して過去を引きずらない自分作りが必要です。

失敗を引きずらない自分をつくるには?

失敗を長期間に渡って引きずる人の特徴は、失敗が起きた時の考え方にも問題はありますが、その後の対処の仕方にも工夫が無い為立ち直る事が出来ない傾向にあります。失敗を引きずらない為には自分なりに発散したり解消する方法を持つ事が大事です。

溜まったストレスは?適度に発散する事が必要です

ストレスと上手く付き合えたとしてもやはりストレスは溜まるものです。しかし大概は上手く付き合う事が出来ずストレスを溜めていく傾向にあります。その溜まったストレスはそのままにしておけばいずれ自律神経失調症や鬱病などの病気の引き金に間違い無くなってしまいます。

よって大事な事は早い時期に自分なりのストレスを発散する方法を持ち実践して行くように心がける事です。

まず解消すべきことは?

一番大事なストレス解消方法は睡眠で、なぜならばストレスが溜まってしまう人の多くの原因が睡眠不足でしかも常にその状態である事が多いからです。

自律神経の働きからも副交感神経を働かせる時間が不足する事になるので必然的に自律神経のバランスが崩れていきます。まずは適度な睡眠時間の確保、次にその中での睡眠の質を向上させて行く事が重要です。

ストレス解消のお勧めは?

睡眠不足の解消を前提条件として日々向き合うストレスを解消して行くのにいい方法は次のようなものがあります。

  • お風呂に浸かってリラックスする
  • 軽い散歩などの激しくない適度な有酸素運動を行う
  • 脳波を穏やかにさせてくれるヒーリング音楽などを聴く

ストレスを溜めない為には?日々の生活を改善しましょう

自律神経失調症にならない為には、日々のストレスと上手く付き合ったり、溜まったストレスを解消して行くことが大事な事ではありますが、出来れば溜まるまで放っておくべきでは無く日々の生活習慣を見直し改善して行くことが大事な事なのです。

何を改善すればいいですか?

ストレスを溜めない為、自律神経失調症にならない為には不規則な生活習慣を見直し規則正しい生活習慣のリズムを改善する事が必要です。

生活習慣のリズムとは?

日々の生活リズムを分解すると食事、睡眠、休養、仕事、運動の5つに大きくは分ける事が出来ます。この5つが日々規則正しくリズムよく行われる事が生活のみだれを解消していきます。

まとめ

自律神経失調症にならない為にはストレスと上手く付き合いながら、ストレスが溜まりすぎないように解消して行く事が大事です。

その為に重要な事は乱れている食事、睡眠、休養、仕事、運動という生活習慣のリズムを規則正しくして行く事です。中でもストレスの解消法として一番効果があるのか睡眠で、時間とともに質を高める事で自律神経失調症の予防となります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ