自律神経失調症になった中川剛さん!その原因と克服方法は?

「中川家」といえば、兄弟コンビの漫才師でテレビや舞台で活躍されていますよね。

ですが、兄の剛さんは自律神経失調症で仕事現場へ行けない時期があり、そんな時には弟の礼二さんが一人で仕事をこなしていました。

剛さんは自分の病気について世間に公表し、上手く病気と向き合って仕事もされています。彼はどのようにして症状を克服していったのでしょうか。

どんな症状が現れたの?自律神経失調症の症状

剛さんに異変が現れたのは突然のことです。自律神経失調症になった方達の多くが、突然症状が現れたと言われます。

「自分はまだまだ頑張れる」と過信していると、突然、緊張の糸が途切れたかのように症状があふれ出すのがこの病気の特徴です。剛さんも突然、電車に乗ると急にパニック発作がおこり、過呼吸をおこしてしまうようになったのです。

電車が1駅ホームに着くたびに下車して呼吸しないといけない状態になり、普通なら30分で行ける仕事先に4時間以上掛かったこともありました。

仕事はもちろん間に合わず、礼二さん一人で何とか仕事は乗り切ったそうです。

どうして病気になったの?自律神経失調症の原因

デビューしてすぐに人気が出たプレッシャーと多忙なスケジュールが、自律神経失調症の原因となったのです。

寝る時間は不規則になり、生活習慣は乱れていては、精神的にも肉体的にもストレスが溜まってしまいます。芸能人というのは、メディアに出て大勢の人に見られる職業なので過度の重圧を感じてしまうのでしょう。

特に、漫才師というのは、舞台の上で自分たちの力だけで笑いを取らなければならないので極度の緊張状態のことでしょう。多忙な中で、漫才のネタを作成して練習し、重圧にさらされる中で、突然パニック発作となってストレスがあふれ出したのです。

どのようにして乗りこえたの?自律神経失調症の克服

剛さんの自律神経失調症の克服には、二人の人物が大きな役目を果たします。まず一人目は、弟の礼二さんです。兄の剛史さんが症状の悪化で引きこもっていた時にも、弟の礼二さんは単独で仕事をこなしました。

そして、剛さんの回復を待ちながらも決してコンビを解消しようとしませんでした。二人で舞台に上がっている時に、剛さんが一言も舞台の上でしゃべることができなくても、礼二さんは上手にフォローしてくれました。弟の礼二さんの支えは、剛さんにとって心強いものだったのです。

もう一人の人物は、明石家さんまさんです。さんまさんは剛さんと会った時に「おう!パニックマン!」と声を掛けたそうです。そして「緊張していてもいいから自由にやれ!俺が責任を持つ」と言ってくれたのです。この言葉で、心がスッと軽くなっていきました。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ