自律神経失調症とストレスの関係は?自律神経を崩壊に導きます

自律神経失調症と言えば誰もがストレスという程、関連性の認められる言葉ですが、そもそもストレスとはどのようなもので何故ストレスが多いと自律神経失調を発症するのかは以外と判っていません。

又、ストレス自体がどのようなものでそれが体に対してどのような悪影響を及ぼしているのかも明確には理解されていません。ストレスとその影響を良く理解して自分自身でコントロールできるようになる事が自律神経失調症予防の一番の妙薬ですのでよく確認してみてください。

そもそもストレスとはなんですか?実は4つに区分されます

自律神経失調症はストレスが原因でなりますが、そもそもストレスの正体とはなんなのでしょうか?我々がよくストレスと認識しているものには仕事のストレスや人間関係のストレス、スポーツの大会前などに感じるストレスなどが代表的なものとなります。それらは全て精神的なものとして区分されます。

ストレスを区別すると?実は4つに分けられます

それ以外にもストレスは存在し区別をしていくと

  • 精神的なもの
  • 構造的なもの
  • 化学的なもの
  • 温度や湿度などの環境によるもの

大きく4つに分類されます。

それぞれどのような物なのですか?簡単に説明します

精神的なものとは、いわゆる嫌だという感情を引き起こすものを指します。

構造的なものは、骨盤の歪みなどのように身体構造に起因し、更に体や脳などにストレスを与えてしまう事などを指します。

化学的なものとしては、排気ガスや化学物質などによるストレスや食べ物に関する栄養の過不足などでの影響なども含まれます。

そして温度や湿度などの環境は暑かったり寒かったりという温度そのものやその変化など、蒸すなどの体感的なストレスも含まれます。

自律神経とはどのようなもの?人間を支配しているものです

支配しているとはどう言う事?自分の意思では動かせないと言う事です

自律神経とはどのようなものなのかを確認していきます。自律神経とは交感神経と副交換神経の2つの神経系から成り立っています。そして実は自分が意識していなくても勝手に働いているものなのです。

わかりやすく言うと心臓や内臓などは自分の意思に関係無く働いています。実は自分の意思で動かせないものは全てこの自律神経によって動かされていると思えばいいのです。

自律神経に動かされているものは?実はこんなに沢山あります

自律神経によって動かされているものは実は沢山あって代表的なものだけを列挙しますが、まず始めに心臓、腎臓、肝臓、脾臓、胆嚢、大腸、小腸、胃、十二指腸、膀胱などの内臓関係、光を感じ勝手に調整する瞳孔など、温度によって体温調節を勝手にする汗腺、女性の卵巣や子宮なども自律神経によって動かされているものとなります。

呼吸をコントロールしている肺は通常は自律神経でコントロールされていますが、自分でも唯一意識して動かせる臓器の1つとなっています。

交感神経とは?主に昼間活動します

交感神経とは主に労働、闘争、運動、興奮、緊張感、恐怖感、危機感と言った事に直面した時に働く神経で脳や身体を効率的動かすのにいい状態にしています。主に昼間活動すると考えて下さい。

副交換神経とは?逆に夜間活動するものです

副交換神経は、休む、寝る、くつろぐ、内臓が動いている時、安心している時、身体を修復している時などに働き、その働きは身体を休養させる作用があります。主に夜間に活動すると考えてください。

なぜストレスが原因で自律神経失調症になるの?脳に作用するからです

人間の体のほとんどの機能は自律神経によってコントロールされています。そしてその体のパーツパーツに指示を出しているのは脳でその命令の元、動くようになっています。

ストレスが脳に作用するとどうなるの?自律神経に誤作動を起こします

それではストレスを受けるとどのような事が起きるかというとそのストレスは脳に作用し、その体の動きに対して誤動作を発生させる事になるのです。そして本来ならばバランスの取れているはずである交感神経と副交換神経のバランスが崩れ自律神経失調症となってしまいます。

そしてその症状はストレスが重なるほど悪循環を繰り返し悪化していく傾向にあるのです。

ストレスと自律神経失調症のメカニズムは?ストレスは体を休ませません

自律神経失調症とは自律神経のバランスを崩す事で発症する病気でありますが、そのメカニズムは複雑で本当のところはまだ解明されていません。ストレスと自律神経の関係はストレスが作用する事は分かってきていますが、それも人によって症状が違い必ずしもこうだからこうなるとは言い切れないのが実態です。

体を休ませないと言う事は?常に交感神経が働き緊張状態にあると言う事です

ストレスを感じている時の状態を表現するとほとんどの場合交感神経が刺激される状況となっています。要はそのような状況が続くと本来であれば副交換神経を働かせ体を休ませなくてはならない状況なのですが、交感神経が働き続け常に体が緊張状態にいる事になっているのです。

そして緊張状態にいるという事は脳も働いている状態となっているので結果、脳も体も働きすぎとなり、そして休む時間も与えられない状況となってしまうのです。そして身体に異変が起きてそれが新たなストレスとなり悪化させて行くという悪循環に入っていきます。

これがストレスと自律神経失調症のメカニズムの簡単な解説となります。

ストレスを感じないって本当?実は間違いです

自律神経失調症になる人の中にはストレスを感じないのに病気になってしまったという人が見られます。その多くはストレスとは精神的なものだけだと認識している事が多く勘違いが起きていると考えられます。精神的なストレスは事例も多くわかりやすいのでそれに当てはらないとストレスは無いと思いがちなのです。

自律神経失調症になるには?精神的なストレスだけでなる事は少ないのです

実は精神的なストレスだけで自律神経のバランスを崩壊させ交感神経を過敏にさせるような事は通常は少なく身体構造に関するストレス、化学的なストレス、環境によるストレスなどが重なって症状を発症させたり悪化させたりします。よってストレスを感じないと言うのは本当のようで実は間違いだと言う事です。

まとめ

自律神経失調症とストレスの関係はまだまだ全てが解明されている訳ではありませんが、そのメカニズムを知っておく事は自律神経失調症の予防としては非常に重要な事です。適度なストレスを刺激に頑張っているうちはいいのですが、そのストレスがその人にとっての一定量を超えると脳や自律神経の働きを崩壊していきます。

その時にはすでに交感神経が過敏に働き、副交換神経が働かないので脳や体が休めない状態になっているという事です。そのような状況になる前に自分で自律神経の働きをコントロールし、ストレス自体もコントロールできるようになっていく事が自律神経失調症にならない為に大事なことなのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ