自律神経失調症にお勧めのスポーツは?軽めの有酸素運動です

自律神経失調症になると憂鬱だったり、やる気がしなかったりする事が多くなりがちです。とてもスポーツなどする気が起きないのが自律神経失調症だったりもします。しかし改善の為にはスポーツは非常に効果的なのです。

その理由はスポーツをする事で興奮状態になり交換神経が活発になります。そして肉体的に疲労すれば、体を休める為に副交換神経が働く様になります。

その様に二つの自律神経が働くようにする事こそ自律神経失調症の改善の早道なので適度なスポーツをする事は絶対にお勧めです。

自律神経失調症には何がいいのですか?スポーツする事がお勧めです

自律神経失調症の人がスポーツすることはとてもいいことなのです。その理由はスポーツや運動は、食事、睡眠などと並んで人間が生きていくうえでとても大切な事だからです。

自律神経失調症にスポーツがいいのはなぜ?体内の働きが良くなります

そしてスポーツをする事で日常生活では使うことの無い筋肉などを使うので呼吸や栄養の吸収、余計なものの排出などが活性化され体内の働きが何もスポーツをしない状況と比べると格段に変わってくるのです。

体内の働きが良くなるとどうなるのですか?自律神経のバランスが改善します

スポーツや運動により体内の働きが活発になるという事は交換神経がまず働きます。そして疲労とともに回復モードに入る為に副交換神経が働くようになります。

その自律神経のバランスの良い働きこそが自律神経失調症改善の為に必要な働きでスポーツをする事で自然とその循環に改善が図られていくようになります。

その他にも効果はありますか?温かい体が作れます

さらにスポーツをする事で筋肉の増強も図れます。筋肉が増えるという事はそれだけ体の中で熱を作る事ができるようになるという事なので冷えた体では無く温かい体を保つ事ができるようになってきます。

体が温かいと代謝などを含めた体を守る力がついてくるという効果もあります。

お勧めのスポーツは何ですか?軽い有酸素運動です

自律神経失調症を患う前からスポーツなどをしている人は、そのスポーツを継続すればいいのですが、今までスポーツをしていない人やスポーツ習慣のない人などは何をしたらいいのか悩みますよね。そのような人はまず軽い有酸素運動がお勧めです。

有酸素運動がお勧めの理由は?幸せホルモンが出るからです

最初は激しいスポーツである必要は無いという事で有酸素運動とストレッチを組み合わせた運動を心がけるようにして下さい。有酸素運動をするとセロトニンという幸せホルモンと呼ばれる物資が出るので気分も良くなります。

長続きのコツは?気軽に一人でもできるスポーツがお勧めです

気軽に一人でも始められるスポーツから取り組む方が自分の好きな時に自分のペースで行う事ができるのでお勧めです。

よってウォーキングから始め軽いランニングなどができるようになるといいかもしれませんね。ウォーキングやランニングの前後にストレッチをする事で必要なスポーツ量としては充分となります。

忙しくて出来ない?ストレッチだけでもOK

忙しくてウォーキングやランニングの時間が取れなければストレッチだけでも随分違いますので是非取り組んで下さい。

注意する事はありますか?無理をしない事です

自律神経失調症の治療の一環としてスポーツを始めるならばウォーキングやランニングなどがお勧めではありますが、注意事項としては絶対に無理をせず、どちらかというと軽いレベル、いわゆるジワっと汗がにじむレベルにしておく事が大事です。

スポーツをすると気持ちいいという事が先行してついつい無理をしてしまいがちです。

なぜダメなのかというと?自律神経の機能が追いつかないケースがあるからです

自律神経失調症の人はそもそも自律神経の働きに問題があるので体温調節などもうまく機能しないことも稀にではありますが起こります。

そうすることで汗がうまくかけなく体内に熱がこもってしまったり、逆に汗をかきすぎて脱水症状になってしまうことも考えられますので注意が必要です。

無理をすると?スポーツや運動そのものが嫌になってしまいます

無理をすると疲れすぎてしまうケースもあり、適度な疲労ならうまく自律神経が機能して回復モードに入るところも自律神経がうまく働かなってしまいます。逆に疲れだけが残るようになりこれ以上スポーツや運動することが嫌になってしまうケースもあります。

大事なことはなんですか?生活のリズムを改善することです

そもそも自律神経失調症は生活リズムのバランスの崩れから症状を発症するケースが多く見られます。そして多くの人がスポーツや運動習慣が無いようで、よって自律神経失調症改善の為に新たにスポーツを始めようと思っても中々難しいのが現実なのです。

しかし適度なスポーツや運動は自律神経失調症の改善効果があるのでできる限り実施するようにしていきたいものです。

生活リズムの改善とは?生活の中に運動習慣を作る事です

そこで一つの考え方としては普段の生活の中に運動する習慣を入れていくという事が大事なのです。普段の生活に組み入れられる習慣を上げてみると

  • 会社の行きと帰りは一駅多くのウォーキング
  • 歩く時は背筋を伸ばして歩く
  • 通勤電車では座らないで立って行く
  • エスカレーターやエレベーターには乗らず階段で上り下りを行う
  • テレビを見ながらスクワットをやってみる

などちょっと考えてやってみれば生活の中で立派な運動習慣になる事が沢山あります。自律神経失調症の改善は劇的には良くならないので時間をかけてゆっくりと向き合って行く事が大事です。運動習慣も焦らず一つずつ積み重ねていけば必ず改善のサポートをしてくれる事になります。

まとめ

自律神経失調症を患うと何もかもやる気が無くなってしまうのですが、それは自律神経がそもそもの働きをバランスよく出来なくなる事からそのような状態になってしまいます。そのような状況を改善する為に体を疲労させ、回復の為に休息させるという繰り返し行為は非常に重要な意味を持ちます。

よって自律神経失調症改善の為には適度なスポーツや運動を行う事は大変重要な意味を持つ事となります。無理なスポーツをしようとする必要は全く無いので生活の中での簡単な運動習慣を作る事で着実に改善に向かっていきますので焦らず取り組んでいきましょう。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ