自律神経失調の食事で気をつける事は?6つの栄養素です!

自律神経失調症は精神的なストレスや温度や湿度などの外的要因のストレスなどを中心としたストレスに起因しているケースが多いのですが、そこにプラスしてたんぱく質などの栄養素が不足することで自律神経失調症は発症する病気なのです。

特に足りなくなる事が問題視される栄養素はビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などが足りなくなると各種ストレスと相まって自律神経失調症が発症しやすくなりますので日頃から注意して日々の食事で取り込む事が必要です。

食事で気をつける栄養素は?注意するのは6つです

自律神経失調症になっている人や予防する為に注意すべき栄養素は次の通りです。それぞれが不足すると自律神経失調症に影響するケースがあるのでその役割を確認して気をつけて栄養素を摂取するようにして下さい。

  • ビタミンA《人参、レバーなど》
  • ビタミンB1《玄米、納豆、豚肉、麦芽米など》
  • カルシウム《海藻類、大豆など》
  • マグネシウム《大豆製品、ヒジキ、昆布など》
  • 鉄分《レバー、ほうれん草、ヒジキなど》
  • 亜鉛《レバー、貝類、豆類など》

ビタミンAが不足すると?自律神経のバランスが崩れます

ビタミンAは日頃ストレスを感じる時に放出される副腎ホルモンの原料となります。このホルモンには自律神経を整える働きがあるので不足すると自律神経のバランスを崩します。

そしてこのビタミンAが不足してくると肌荒れや吹き出物が出やすくなります。これは皮膚などの上皮細胞の代謝が行われにくくなる事から症状として現れます。その為消化器官の吸収力が低下する事もあります。また粘膜などが弱くなる事もあるので風邪などを引きやすくなる事もあります。

ビタミンAの不足予防は?油と一緒にとると効果的

ビタミンAの不足を予防する為には人参やレバーなどがお勧めです。ビタミンAは油と相性がよく人参スティックをオリーブオイルや胡麻油、ドレッシングなどをつけて食べると効果的となりますので試して見て下さい。

ビタミンB1が不足すると?神経的症状を招きます

ビタミンB1には脳の働きを正常に保つ働きがあるのでビタミンB1が不足すると集中力が欠けたり、異常な眠気を招きやすくなります。イライラしたりする事も多くなりますのでいわゆる神経的な栄養素となります。自律神経失調症の症状としては神経的に症状が出る事が多くなります。

そして強いストレスがかかると消費されやすい栄養素である事と水溶性の為に排尿と共に体外へ出てしまう栄養素でもあるのです。

ビタミンB1の不足を補うには?多めで丁度いい

ビタミンB1が含まれている食材としては玄米、納豆、豚肉、麦芽米などがありますが、ビタミンB1は摂取してもアルコールを飲んだ時のアルコールの分解に使われたり、甘いものを食べすぎたりすると消費してしまいます。

排尿でも体外に出てしまうので気持ち多めでに食べるように意識する事が大事な栄養素です。

カルシウムの注意は?血液中のカルシウムが大事です

カルシウムの働きは骨や歯などに必要という事以外に神経系に非常に大きく関わりがあり、神経に関わる物質を供給する事により興奮や緊張などを鎮めたり、気分がイライラしないようにする人間の生理的機能に作用して精神を穏やかに安定させる働きがあります。

カルシウムは骨では?大事なカルシウムは実は血液中

そして体の中のカルシウムのほとんどは歯や骨などの中にあるのですが、ほんの1%程が血液中に存在しこの量が不足すると自律神経に影響与えます。

よってカルシウムが不足すると神経的な自律神経失調症の症状が出るので、この血液中のカルシウムが実はとても大事なのです。

カルシウム不足を補うには?吸収率をアップするビタミンDと一緒に食べます

カルシウム不足を補うには煮干しやちりめんじゃこなどやヒジキ、そして大豆などがお勧めです。しかしカルシウムは実は体内に非常に吸収しにくい栄養素なのです。

とは言え不足状態を続けていると何が起きるかというと血液の中のカルシウムがまず不足し、それを補う為に骨や歯などに蓄えられているカルシウムが血液に供給される事になります。

よって長年その状態にしておくといわゆる骨がスカスカの状態になってしまうという事です。カルシウムの吸収を良くする為のお勧めはビタミンDと一緒に食べる事です。

マグネシウムが不足すると?自律神経失調症を悪化させます

マグネシウムにはセロトニンという精神安定の為の物質を作る為の必須の栄養素の為、神経の高ぶりなどを抑える働きがあります。

よって不足すると精神的な不安定やイライラが募ったりしやすくなります。そして吐き気などをもよおすこともあります。

眠気や食欲不振なども重なり自律神経失調症の症状を悪化させる要素が多分に含まれています。

マグネシウムを補うには?カルシウムとのバランスが大事

マグネシウム不足を補う為には大豆製品、ヒジキ、昆布などが効果的です。マグネシウムはカルシウムとのバランスが重要なので摂取する量としてはカルシウム:マグネシウムは2:1のバランスで摂取するように意識して下さい。

鉄分が不足すると?脳の働きに問題が起きます

その症状は?貧血が多く判断は難しいです

鉄分が不足すると症状として有名なのは貧血です。その他にも息切れや疲労などの症状も現れます。しかしながら自律神経失調症の症状なのかどうかの判断は非常に難しいとされています。

ただし鉄分が不足すると楽しさを感じなくなり、やる気を感じると脳の機能が働きにくくなり結果自律神経失調症になっていると症状をより悪化させてしまう原因となってしまいます。

鉄分を補うには?サプリメントも必要

そもそも鉄分は身体に吸収させるのに非常に時間のかかる栄養素で摂取する事が大変な栄養素なのです。

食材としてはレバー、ほうれん草、ヒジキなどがあげられますが、少しでも効率よく吸収するのであれば動物性の食材からの鉄分補給がお勧めとなります。また必要に応じてサプリメントなどを活用する事も必要です。

亜鉛が足りないと?精神不安定

亜鉛には脳内における伝達物質を生成する働きがあります。よって鉄分などと同様に不足すると精神的に不安定な状況となり自律神経失調症を悪化させる要因となります。

また亜鉛が不足するとインスリンにも影響が出るので血糖のコントロールも崩れる事になります。

亜鉛をとるのに注意は?インスタントと一緒はダメ

亜鉛を摂取する為にいい食べ物としてはレバー、貝類、豆類などがありますが、やはり吸収の低い栄養素なので、その吸収率を助けるビタミンCと一緒に接収する事が必要となります。

一緒に食べる事で妨げになるのはリン酸塩などの添加物でファーストフードやインスタント食品に多く含まれているので注意が必要です。

まとめ

自律神経失調症と食事は非常に密接な関係にあり、特に6つの栄養素が不足すると自律神経失調症を発症させたり、悪化させたりする要因となります。

予防や症状改善の為には症状と栄養素の関係をよく知った上で食事をとる事が重要です。

もちろん朝食は必ず食べる、三食決まった時間に食べる、食事は楽しくよく噛んで食べるという事を意識する事も大事な事です。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ