自律神経失調症の原因は?根本原因は生活習慣の乱れです

自律神経失調症は非常に多くの症状が身体や心に現れる病気ですが、その原因もまた非常に多岐に渡ります。そして一人一人違う事が殆どです。

しかし一度なると治療に時間がかかる病気なのでその原因を知り未然に防ぐ事がとても重要な事となります。またその原因も一つとは限らずいくつかの原因が絡み合ってなるケースが多くあります。

自律神経とはなんですか?それは生命を司る働きをしています

自律神経の役割はなんですか?大きく二つの役割に分けられます

自律神経には大きく分けると交換神経と副交換神経にわけられます。役割としては昼間が交換神経、夜は副交換神経というイメージです。

二つの神経の役割はなんですか?それぞれ正反対の働きをします

その働きは、交換神経は脳や身体を効率的に動かすのに最適な状態にする為の神経です。主に働く時、戦う時、運動する時、興奮したり緊張感が高まっている時、恐怖を感じたり危機を感じたりした時に働きます。

副交換神経は体の休息の為に働きます。よって休んだり、寝たり、ぐったりしている時など、そして食後内臓が消化の為に働いている時、安心している時などに働く事になります。

多い原因は何ですか?生活リズムの乱れです

生活リズムの乱れとは?それは夜型の生活が増えている為に起きています

自律神経失調症になる原因としてまず多く見られるのが生活習慣の乱れから体のリズムを崩す事に起因して発症するケースです。今の世の中の生活スタイルはとても夜更かしが多く、いわゆる夜型人間が増えています。

そして仕事の多様化による夜勤などや子供の頃から生活が不規則な人が多くなり、いわゆる生活のリズムが乱れている事から自律神経失調症を発症するケースが多いのです。

身近な原因は?日常に潜んでいるストレスです

ストレスでみんななるのですか?過度なストレスを感じやすい人がなります

仕事をしていると多かれ少なかれストレスを感じる世の中ですが、よく聞くのが会社などで仕事を通じて感じる社会的なストレス、これなどは毎日のように我々を取り巻いています。

そして職場や仲間同士などでの人間関係がうまく行かない事によるストレス、性格などに起因する精神的ストレス、引越しや転職、結婚、離婚などの環境の変化など色々ありますが、それら過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調症になりやすくなります。

生まれつきな人もいるのですか?中にはなりやすい体質の人がいます

自律神経失調症は生活の中で何かの影響からなるように感じがしていますが、実は生まれつき体質的に自律神経が過敏でバランスを乱しやすい人が存在します。

生まれつきの人の特徴は?いわゆる虚弱体質の傾向があります

そのような人は子供の頃から体が弱くすぐに吐きやすく、そして下痢などもしやすいなどの傾向があります。また自分の置かれている環境などが変わると眠れないといったような症状もあるなど生まれつき自律神経が過敏な人がなりやすい傾向にあります。

その他体質的なものはありますか?思春期、更年期がなりやすいです

生まれつきでは無いのですが、なりやすい時期としては思春期やある程度年を重ねると多くの人がなる更年期、また身体が弱っている時などは自律神経のバランスが乱れやすくなり自律神経失調症を発症するケースがあるので気をつける必要があります。

性格的な原因もありますか?ストレスに弱い性格の人がなりやすいです

性格的にもなりやすい傾向がある事は、ある程度わかっていて自律神経失調症になりやすい代表的な性格を分類すると下記のとおりとなります。

  • 誰かに何かを頼まれたり言われたりした時に断る事が出来ない、いわゆるノーが言えない人
  • 自分の感情コントロールが余り上手く無い人
  • 嫌な事があったり、悩みがあっても気持ちの切り替えができないでいる人
  • 自分に対する他人の評価を気にしすぎてしまう人
  • 対人関係が上手では無く人と信頼関係を結ぶ事が苦手な人
  • 自分で何事も決める事ができず依存心が強い人

などが特徴としてあげられます。ストレスへの抵抗力が弱い傾向にある性格の人が自律神経失調症になりやすいタイプです。

突然なるケースはあるのですか?それはやはりあります

それはどんな時ですか?主に環境変化が多いです

生まれつきでも無くストレスにも余り負ける事なく過ごしている人でも現代の生活スタイルは非常に適応能力が衰えやすい環境にあります。そして生活していると社会環境の変化や人間関係、仕事などの環境の変化は常に起こりうる事です。

環境変化に対して適応し切らない事や過剰に適応してしまう事から自律神経失調症になる場合もあるので注意が必要です。

男女でも違いはあるのですか?性別から見ると女性はなりやすいと言えます

自律神経失調症の発症に男女の差があるかと言えばあります。女性は体質として一生を通じて月経周期の変化、妊娠や出産、更年期、閉経などホルモンのリズムが変化し続けます。

これは男性には見られない特徴でこのホルモンの変化が微妙に自律神経の働きに影響を与えることから発症しやすくなります。

更年期の女性に見られるのは何故ですか?それは卵巣の機能と関係しています

女性が自律神経失調症になり易い体質だという事なのですが、特に更年期になると多くなるのは、そのころになると卵巣の機能が低下しホルモンバランスが大きく崩れる為なのです。この事を理解し体質的にしょうがないと受け入れながら生活をして行くこともとても重要な事なのです。

まとめ

自律神経失調症になる原因としてはこのように多岐にわたります。それも一つだけとは限らない事がほとんどです。自律神経失調症にならないようにするにはこれら原因の数々を認識して出来る限りこのままではまずいという事を感じ避ける工夫が必要なのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ