自律神経失調症の症状とは?見過ごしがちなその症状も病気のサイン

なんだか身体がダルい、最近目まいがする、肩コリがとれないなど、身体の不調がでていて、病院へ行っても特にどこも悪くない。

そんな症状が出ていたら、自律神経失調症を疑ってみて下さい。その自律神経失調症とは一体どんな病気でしょうか。

自律神経とはどんな役割をしているの?

自律神経とは、身体のなかの機能で、私達の意思とは無関係に働いている神経の事です。

心臓や内臓を動かしたり、体温の調節など生命維持の為に身体をコントロールしている神経です。その自律神経には、「交感神経」と「副交換神経」があります。「交感神経」動く神経「副交換神経」休む神経と、この神経が交互に働いて身体のバランスを保っています。

緊張するとトイレが近くなる、驚くと心臓がドキドキする、イライラすると沢山たべてしまう、などの症状は自律神経の働きによるものだとされています。

自律神経失調症は神経の病気?身体への影響など

自律神経失調症には、数多くの症状があります。

イライラしたり、理由もなく気分が落ち込んだりと、精神面での不調も症状の一つですが、身体への症状も多様です。そして、自律神経失調症の症状には変化があります。それはこの病気の特徴と言えます。

自律神経失調症には、数多くの症状があります。イライラしたり、理由もなく気分が落ち込んだりと、精神面での不調も症状の一つですが、身体への症状も多様です。そして、自律神経失調症の症状には変化があります。

それはこの病気の特徴と言えます。昨日は頭痛がしていたが、今日には治って、今度はずっと目まいがしている。かと思えば、今日は急にじんましんが身体中に出てきた。

などと、同じ場所で同じ症状がずっと続いて出ているわけではありません。

自律神経失調症の体への影響精神面への影響

自律神経失調症の症状は、体になんらかの症状が出るものと、自分でも知らず知らずのうちに失調症の影響を受けている、精神面での症状があります。

<体への症状>

  • 頭痛
  • 目が重い
  • 耳鳴りがする
  • 味覚障害
  • 胃の痛み
  • 暑いのに汗がでない
  • 手足の痺れ

など全身へと症状がでます。

<精神面への症状>

  • 怒りっぽくなった
  • 不安に襲われり
  • 悲壮感に襲われる
  • やる気が出ない
  • 物忘れがひどくなる

この他にも、さまざまな症状があり、その症状は大きく4つに分けられます。

本能型自律神経失調症

生まれつき身体が弱い、虚弱体質の方に多い。生活環境の変化や、自分と関わる対人関係の変化にも発症する。

神経症型自律神経失調症

もの事にこだわるタイプの方に多い。心配性で、たいした事では無い事も、自分の中で大きな問題に考えていってしまう性格の方が発症しやすい。

心身症型自律神経失調症

自律神経失調症の症状の中で一番多いのがこの心身症です。我慢強く、言いたい事を口に出して言えない。自分の感情を表に出せないタイプの方に多い。

抑うつ型自律神経失調症

子供の受験や就職、そして自立や、会社を退職したり、お祝い事に対してもストレスを感じたりなど、他のタイプと類似していますが、その中でも鬱に移行してしまうタイプの失調症です。

最後に

症状の強さや進行具合によれば、もっと大きな病気が潜んでいたりする場合もあります。身体の不調が全て自律神経失調症ではありませんが、1人で考えこまずに、まずは医療機関での受診をお勧めします。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ