めまいや火照りこれって自律神経失調症!でも何科を受診すればいいの?

ある日突然身体が火照ったり、めまいがしたり、ひどい疲労感に襲われたりしたら、それは自律神経失調症かもしれません。

とは言え一体どうしたらこの病気、直るのでしょうか。また病院に行くのにしても、何科を受診すればいいのでしょうか。

更年期の年齢だった場合

女性は勿論更年期の問題が大きく体調に関係してきますし、男性もまたホルモンバランスが崩れてくると更年期の症状が出てきます。

このホルモンのバランスの崩れが原因で、自律神経失調症を起こすことがあります。年齢的に更年期の時期に当たっていた場合、とりあえず婦人科やもしくはホルモン調整をしてくれる科を受診しましょう。

ホルモンのバランスが整うと、症状が軽減されますのでそちらから治していきましょう。

過度のストレスが原因の場合

仕事や人間関係などで、多くのストレスを抱えた場合は精神的な抑圧からの自律神経失調になります。

この場合は心療内科や精神神経科などで、精神の安定を取り戻す薬の処方や、カウンセリングでのケアが望ましいことになります。薬の使用は残念ながら、ある意味対処療法になってしまいますが、それでも気持ちの安定を取り戻すことは一番効果があると言う事は否めません。

また気持ちと凝り固まった体をほぐすのに、マッサージなどに行くのも一つの手ではあります。

生活習慣上で生活のリズムが崩れている場合

夜更かしが多かったり夜間勤務などで、本来の人間の持つ生活のリズムを乱している場合、やはり自律神経に異常をきたしてしまいます。

このケースの場合、自分で生活時間帯などを改めるしか方法は無いのです。ただもし改めることが出来ても今までの習慣から、夜になると目が冴えて眠れない、朝は頭がぼーっとしてしまう等と言う事もあります。

どうしても身体がリズムを取り戻してくれない場合は、内科などで軽い睡眠導入剤などの処方をしてもらうのがいいでしょう。どの原因の場合も、結局原因を取り除かない限りどうしても、治療自体が対処療法にしかならないのは、残念ながら事実です。

それでも症状に応じて、適した病院の科で相談することで症状の悪化は食止められることになります。たかがめまい、たかが疲労感と甘く見ていないで、上記の原因に心当たりがある場合には症状に応じた専門家の治療を受けることをお勧めします。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ