喉に異物感と吐き気が突然?自律神経失調症の原因と対策 男性 23歳 Y.T.さん

私が自律神経失調症と医者から告げられたのは、会社に入社して1年目の20歳の頃でした。

仕事中、いきなり喉の奥に異物感を感じ始め、症状は次第に悪化していき、通勤で利用する電車にすら乗ることができなくなってしまいました。

喉に異物感

希望していた会社に無事入社し、社会人1年目を迎えました。8月の月初に研修後初めてとなる新規プロジェクトに参画しました。プロジェクトは8月から10月末までの短期間で、多忙なプロジェクトだと先輩に言われました。

参画したものの、私は仕事をどのようにこなしていけばいいのかわからず、毎日覚えるばかり。また、ミスをすれば先輩に都度叱られました。しかもその先輩は部署の中で怖い人として有名らしく、その先輩の下で教わってきた人たちはきつ過ぎてほとんど辞めたとかいう話も聞きました。

毎日、来る日も来る日も先輩に怒られ続け、早くプロジェクトが終わらないかと思っていた矢先、急に、喉に異物感を感じるようになり始め、吐き気が都度襲ってきました。

症状が発覚

家では発症せず、会社に行くときのみ、喉の異物感と吐き気に襲われる症状が続きました。

しかし、何日経っても症状が良くならなかったので、家の近くにある病院で診察してもらいました。内科に案内され症状について詳しく説明するものの、風邪だと言われ、喉を良くする薬のみ支給されました。

結局、薬を飲んでも治らず、症状は次第に酷くなり、通勤の電車に乗るのも困難なくらいになってしまいました。後日、心療内科を受診すると、自律神経失調症の可能性があると医者から言われました。

半夏厚朴湯と呼ばれる、吐き気を緩和させる漢方薬をもらい、何かまた合ったらすぐ来てくださいと医者に言われました。

原因と対策

喉に異物感と吐き気が現れる原因は、会社で先輩に追い詰められたり、極度のプレッシャーを感じるとストレスが溜まって、自律神経が乱れてしまった影響で起こるものでした。

仕事上、プレゼン発表や人前で話すことも多々ある為、症状が都度発生する度に、ガムを?むか、もらった漢方薬を飲みます。ガムを噛むと唾液が分泌され脳内の自律神経を整えてくれるので良く利用します。

それでも症状が治まらないようであれば、漢方を利用して自律神経を整えます。私はまだ症状が軽い方だと思うので、ガムか漢方で症状が治まります。自律神経は心の病気なので、すぐに完治することはほとんど無いと思います。

私の場合、症状が発生しても顔色は普通なので、中々病気の辛さをわかってくれる人がいなくて辛かったです。現在は短期プロジェクトも無事に終わり、怖い先輩にも解放され、症状が発生することは殆ど無くなりました。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ