自律神経失調症にどうやってなったのか?そしてどうやって取り除くべきか 男性 35歳 S.O.さん

10年以上前、私(男性)が24歳だった頃の話です。当時勤めていた零細企業で、過労とこの会社の経営者に対するストレスで自律神経失調症になりました。

事の経緯から回復までの一連の経験のお話をさせて頂きます。

地元の零細企業に就職、しかし…

当時、大学から地元に戻ってきた私はハローワークの紹介で小さな印刷会社に就職しました。

夫婦が経営者をやっていて20名程度しかいない町工房のような会社でした。仕事内容自体は大学の知識も適用でき、社員さんもそれなりの関係を築くことができるようになった私でしたが、この会社に慣れるにつれ、気づいた一つの問題がありました。

それはこの会社の社員がよく入れ替わるということ。そしてその原因が経営者夫婦にあるということでした。

先輩が会長と喧嘩した、そして私にお鉢が回ってきた…

経営者夫婦は小さな町によくいるタイプのワンマン経営者でした。

60歳を過ぎていたこともあり、考えの柔軟性は失われており、とにもかくにも自分達の考えが絶対で、それに背くものはネチネチと因縁をつけては追い込むといったことをする人達でした。

私にはKさんという部署の先輩がいました。工程管理を若くして任されていたKさんは新婚さんだったというのに朝は早く、夜も遅くまで毎日毎日仕事を頑張っていました。大人しいタイプでしたが、温厚な彼は周りからも大事にされていました。

そんな温厚な彼がある日、私に「この会社辞めることになった」と告げてきたのです。聞けば、業務に関して無茶な受注をしていたのでこのままでは現場が回らないと進言すると烈火のごとく夫婦は怒り、無能よわばりはするわ、さらに現場を圧迫させようとするわで優しい彼もついには堪忍袋の緒が切れてしまい、彼は会社を追い出されてしまいました。

そして彼のポジションを受け持つ人間はおらず、私にお鉢が回ってきてしまったのです。

必死に働いた。でもそれが逆に標的に…

かくしてやったこともない管理の仕事が回ってきた私はそれこそ24時間体制で働くことになりました。

ちなみにその時、私は勤続9か月でした。1年も働いていない人間が会社の管理に座らされたのです。なお悪いことに、その時期は街のお祭りのシーズンで年間で最も忙しい繁忙期でした。

目を血走らせ、体に鞭をうち、それでも社内のみんなが助けてくれて何とか私は乗り切りました。その時期を乗り切った頃から社内間の連携は非常にスムーズになり、会社の中に確かな居場所が出来てきていました。

でも、それがいけなかったのです。そう、経営者夫婦にとっては自分たちがのけ者にされたようで面白くなかったからです。

度重なる衝突、そして発症

経営者夫婦の仕事の仕方は非常に非効率的なものばかりでした。

ひどい時には社員をみんな呼びつけて会議と称して5時間くらいただ自分がしゃべるだけの業務妨害以外の何者でもないことを何日も続けたりしました。その都度、仕事が後ろにずれこみ、無駄なサービス残業も増え、相手が経営者だからと穏やかに過ごそうとしていた私もついには衝突が増えてきました。

そして、色々なノウハウをまとめていたデータを経営者が消してしまったとき、私のストレスが爆発しました。めまいが起き、立っていることも出来ず、意識を失ったら昏睡して植物人間になってしまうに違いない、と本能が告げるような状態になりました。

同僚の助けを借りて何とか自宅まで帰りましたが、その日以来、私は長期自宅休養を余儀なくされました。

休養とは原因を省くこと、そして遠ざけること

自宅で療養していた私でしたが、仕事が気になっていたのでなかなか気が休まりませんでした。

一度、何とか動けそうになったので会社に行ってみました。しかし、経営者の顔を見たとたん、症状は再発し、ああこの会社はもう駄目だな、と観念した私は辞表を出しました。

不思議なことに、この会社はもう関係ない、あの人達は関係ないと思ったら2週間もしないうちに身体はぐんぐんよくなりました。1ヵ月後、もう大丈夫だと思った私は別の会社の試験を受け、転職に成功しました。

私の思うに、神経ストレス系の病気はただ我慢しても、またその原因を放置したまま時間をかけても全く良くはなりません。遠回りなようでも一度その原因そのものを自分から遠ざけ、関係性を絶つことで自分を守ることができるのだと思います。

難しいことのようですが、しがらみを断ち切ることが唯一、根本的に精神的安定を取り戻すことができる道なのです。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ