原因不明の症状と死への不安!自律神経失調症の恐ろしさ 男性 40歳 Y.K.さん

自律神経失調症を患うと様々な症状が身体に現れます。

最初は体調が悪いなくらいで自分では何も気づいておらず放置していたら知らず知らずに悪化していきました。

経験したことのない原因不明の症状

上司が病気で入院してしまったので、上司の仕事を引き継いで慣れない仕事を任されていました。

1か月間くらいの間、上司を助けたい気持ちで非常にやる気を持って仕事をしていました。その間、軽い体調不良はありましたが気にせず仕事を続けていました。その仕事も一段落ついたある日、車に乗っていると目の前が揺れて頭がグラングランとなるような症状に襲われました。

経験したことのない症状でした。その時は原因も何もわかりませんでした。

様々な病院を駆けずり回った日々

とりあえず普通の内科に行きましたが特に何もないと診断されました。

この時くらいから自分は何か重大な病気を患っているのではないかと悩み始めました。悩みと同時に症状も悪化していき、更に手の痺れ、異常な肩こりがひどくなっていきました。

今度は大学病院で体全体の検査をしましたが特に何もありませんでした。頭が揺れるような症状だったので脳外科にも行きました。脳を調べてもらいましたがやはり何もありませんでした。

骨を調べに行ったこともありました。検査では何もないのに症状は悪化するので自分は死ぬのではないかと悩み続けていました。この時は本当に辛くて生きた心地はしなかったのを覚えています。

やっとわかった病名と原因

どの病院で検査しても異常はないのに症状は悪化して、自分の思いこみで死ぬのではないかと悩み辛くて毎日涙を流していました。そんな自分をずっと心配してくれていた妻が診療内科に連れて行ってくれました。

先生にこれまで経緯を話して診察を受けると診断の結果、仕事のストレスから始まり、死ぬかもしれないという悩みや不安のストレスが重なりそのストレスが原因で自律神経失調症ではないかと診断されました。

適切な薬を処方してもらってしばらくすると症状が軽くなっていきました。死ぬかもという悩みや不安からも開放されていきました。診療内科の先生のいうとおり、ストレスからの自律神経失調症だったのです。

症状が良くなるまでの対策

自律神経失調症とわかって、仕事に行きながら診療内科に通院して、薬を飲んで治療していました。仕事は、上司の理解もあって軽くしてもらい残業は無しにしてもらっていました。

やはり周りに理解してもらうことも対策の一つです。他の対策としては病院の先生の勧めでカウンセリングを受けてストレスと上手に付き合っていく方法を学びました。自律神経失調症は発症時には分かりにくい病気です。

又、目に見えない症状がおおいの他人の理解を得るのが難しい病気です。自律神経失調症になった人にしかわからない辛さがあります。

自律神経失調症の辛さから解放されたいあなたへ

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「なかなか自律神経失調症が治らない…」「薬を飲んでも効果が感じられない…」そんなあなたでも簡単に自律神経失調症を改善する方法が東洋医学にはあります。これは自律神経失調症で悩んでいる人が、自宅で一人で簡単にできる自律神経失調症改善法です。この改善法を1日数分続けるだけで、2か月後には根本の原因から改善し、正常で健康的な体を手に入れられるというのです。間違った方法を続けていても、効果はないばかりか様々な症状に繋がる恐れもあるので、きちんと正しい方法で自律神経失調症を改善していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ